| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

311を忘れない

issyodayo3.jpg

Pray for JAPAN.
Pray for TOHOKU.
3.11




スポンサーサイト

| いっしょだよTOHOKUプロジェクト | 08:50 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

これから ここから

昨日の3月11日、
仙台市荒浜地区の追悼式に行ってきました。

2012311-arahama.jpg

震災から1年。
こうして被害の大きかった被災地に行ったのは初めてです。

2012311-arahama2.jpg

この荒浜は、小さい頃に海水浴で遊びに来ていたという方が多く、
皆さんの色んな思い出がたくさん詰まっている場所です。

2012311-arahama6.jpg

海の近くには住宅がたくさんあったそうです。
ここがお風呂場だったんだ、とか、
ここが玄関、立派な門だったんだな、とか、
家はほとんど流されてしまっていても、
そこでの生活を思わせる物はいくつか残っていて、
見ていると胸が締め付けられました。

2012311-arahama3.jpg

仙台市立荒浜小学校
今、校庭にはバイクや自転車などが置かれています。
ここの正門前には、いまだに泥だらけのドライヤーが落ちていました。

2012311-arahama5.jpg

1年経ち、一区切りのような印象を受ける報道もありました。
でもまだ被災地の現状はこうです。

離れていると、遠い場所での出来事のように感じる瞬間もあります。
でも、忘れてしまったり、風化させたり、無関心であってはいけないですね。

2012311-arahama4.jpg

復興はまだまだこれから、ここからです。
できることは何か、これからも都度考えましょう。

改めまして、
被災された方々にお見舞い申し上げるとともに、
お亡くなりになった方々のご冥福をお祈りします。

2012.3.11


| 支援活動 | 23:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

東北に元気を

Buy! TOHOKU プロジェクト

私の知人が携わっている、
東北を元気にするための経済復興支援を推し進めるプロジェクトです。

震災からまもなく1年。
ボランティアやチャリティーももちろん大切だけど、
この「Buy!TOHOKU プロジェクト」のように、
東北の物を買い、被災地の経済を回していくことも大切です。

私もそうだけど、
あと1ヶ月で震災から1年という今、
自分にできることって何か探している方も多いと思います。
支援の1つとしてご紹介しました。

0211.jpg

震災から11ヶ月。
来月の11日は仙台のイベントを手伝いに行きます。




| 支援活動 | 23:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

梅の花

毎月11日には震災関連のことを可能な限り書きたいと思っています。
(先月はできなかったけど。。。)

原発:「住民投票」署名、東京は必要数の1/3 大阪は期限内で達成--来月まで

Facebookで友人から教えてもらった記事です。
こちらにもシェアします。

ume-tsubomi.jpg

昨日、近所の公園で撮った写真です。
梅のつぼみがホンノリ赤く膨らんでいました。

これから本格的に寒くなるけど、
春は確実にくると自然が教えてくれます

今日で震災から10ヶ月。


記事の詳細はこちら→

≫ Read More

| 支援活動 | 20:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Save the Fukushima children

福島の子供たちを救うために24時間

今現在、福島市とその付近では、数千人の地元住民が、高レベル汚染地区に閉じ込められています。黒い雨が空から降り、地元の農作物は汚染され、津波によって住む場所をなくした家族やその子供達は避難することもできません。それでも政府は彼らを助けることを拒んでいます。

そこで福島の女性たちが動きだしました。日本中から数百人のサポーターが集まり福島の子供たちが避難するための支援を野田総理大臣に求めるため、東京の経済産業省前に座り込み、訴えています。私たちも彼女達と供に訴えることができます。

これは事実上、彼らの命をかけた行動です。放射能汚染の真只中にいる子供達には、時間がありません。 プレッシャーを感じ始め、日本政府は24時間後に緊急会議を開催する予定です。福島の母と子供たちをサポートしよう!下記の緊急署名嘆願書に署名の上、このEメールを拡散してください。嘆願書は、会議前に、首相官邸に直接届けます。

2011-11-11.jpg

ツイッター、FB、mixiにも載せましたがこちらにも。
まだ間に合うかな。

今日で震災から8ヶ月。






| 支援活動 | 00:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。