PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

26日(金)―先生の見解―

仕事を終え、病院へ。

いつもの病院では、念のために再度血液検査と、
可能性がなきにしもあらずのパルボとジステンバーの検査などを含め、
精密検査をしたとのこと。
どちらも混合ワクチンを打っているけど、絶対かからないという訳ではない。
人間がインフルエンザ予防接種をしても、かかる人はかかるのと同じ。
でもワクチンを打っているので、かかっていても軽い症状という説明。

2回目の血液検査の結果、炎症マーカーのCRPが6.8に下がる。
とはいえ、正常値の0.0~1.0と比べるとまだまだ高いので油断はできない。
白血球は3300。
少し増えただけで、こちらもまだまだ。

血液検査以外の結果は、
中にはアメリカまで渡ってから出る物もあり、この時点で原因は分からないが、
何もしないわけにもいかないので、この日は抗生剤の注射と点滴を打つ。

この時点で考えられる可能性は2つ。

(1)自己免疫機能の異常
(2)何らかのウイルス性の炎症(パルボ、ジステンバーはこれ)

血液検査の数値を見ると、(1)の可能性が考えられる。
が、この場合、関節を痛がる典型的な症状があるはずだが、
マメゾーは普通に歩けるし、関節を痛がる様子は全くない。
(1)を消去すると、(2)の可能性もあるが、
同じように断定できる症状を見つけることができない。

(1)と(2)は治療が180度異なる。
(1)はステロイド、(2)は抗生物質。
更に精密検査をしてどちらの可能性が高いか、
明日以降見極めながら治療をするという方針説明がある。

マメゾーの様子が落ち着いているので、
この日は帰宅して、また翌日の朝一で病院へ。

(続)


mamezo-down.jpg

心配して構う私がわずらわしいらしく、
部屋の片隅で隠れるように寝るマメゾー。



スポンサーサイト

| 病院 | 11:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。